06
1
2
4
5
6
7
8
11
12
13
15
17
18
19
20
24
25
27
28
29
30
   

栗駒山

今年初の登山(^-^)
栗駒山に登ってきました!

心元気フェアでもお馴染みのメンバー(^^♪

IMG_2673.jpg  IMG_2672.jpg


先週は泉ヶ岳を予定していたのですが雷雨予報で見送り(´_`。)
なので栗駒山をとっても楽しみにしていましたヽ(^◇^*)/

岩手の仲間と朝8時半に一関ICで待ち合わせ~

山登り。。。。。
辛いし苦しいけど登りつめた時にはいわゆる「達成感」。
言葉にすると「達成感」なのですが、それ以上のものがあるんです。
キーワードとしては
満足感、充足感、幸福感、爽快感、・・・・・

ですが、得られるものはそれだけじゃない。
これは登った人にしかわからないだろーなーって思うんです。

登山を機に人間的な成長も促される。
麓にいたらわからないこともお山のてっぺんに立ったら一目瞭然のこともある。

福ちゃんはどのお山もご神体だと思っています。
登る途中にはパワーをいただけるのはもちろんのこと
「お導き」もいただける。
人としての道を外さないよう学びもいただける。

去年、「登山」をバカにしたようなことを言った人がいました。
そういう人に取って付けたようにあの6年前の「震災」を語られても響いてきません。

自然界を笑う者は「かわいそうな人、残念な人」だと静かに思っています。

昨日の栗駒山は初級コースといえども
IMG_2675.jpg  IMG_2677.jpg

残雪のある箇所、雪解け水で足場が悪い箇所もあり、川に架けられていた板橋は決壊。
そんな中を仲間たちと励ましながら、手を取りながら、見守りながら歩く。
時に誰かがおどけてみたり、冗談を言って笑わせてくれたり、互いに思いやる心が自然に現れる。

お山では人の「素」が現れるのかもしれません。
ということは(--)

ま、嘘つきさんや自己理解をしない人が自然界を笑うのかも。
そう、思えたら納得(笑)

栗駒山登山口の須川コースには須川温泉があります。
IMG_2674.jpg
川のように見えますが源泉。
右後ろは露天風呂なんですよー。

IMG_2678.jpg
進んでいくと昭和湖がありました。
爆発してできた強酸性の湖。

IMG_2682.jpg  IMG_2684.jpg
途中の天狗平で少々休憩
みんなヘロヘロです(笑)

IMG_2681.jpg
ここから20分ほどで頂上
もう少しです!

IMG_2685_20170616144232877.jpg  IMG_2689_201706161442331b5.jpg
つ、着いた~
(。≧Д≦。)

涼し気に見えるかもしれませんが
汗だくです。
けど、頂上の気温は10度前後。

この後、みんなでジャンパーと手袋着用。
寒さに耐えながら昼食とおやつの分け合いっこ(笑)

麓に降りてからも一関市内のファミレスで20時までおしゃべり(笑)
みんな元気に解散しましたー
(^-^;)

筋肉痛?
ええ、今朝は足が筋肉痛。。。

五葉山3

ところでもうすぐ頂上。

その前に開けた所に溢れんばかりのご神水が湧き出ています。
避難小屋のしゃくなげ荘もあります。

そこで手口を清め、パワーストーンを清め、ごくごくと飲みました。
ちょー冷たい(笑)

清めたら頂上手前の日枝神社に参拝です('-'*)

IMG_1495_201608302248167f0.jpg  IMG_1512.jpg

日枝神社の御祭神はオオヤマクイノミコト。
ご縁と厄落としの神スサノオノミコトの系列ですね。
御神徳は『万物の成長と発展、広大無辺』を意味し、山の神でもあり産業の神でもあります。
こんな高い所にいらっしゃるんだから相当なパワーなんでしょうねー。

五葉山は標高1351メートル。

ふふふ、パワーもらっちゃった
( ̄ ̄ー ̄ ̄)ニヤリ

日枝神社から真横に歩くこと400メートル。
登頂成功~達成~
d( ̄◇ ̄)b グッ♪

IMG_1504.jpg  IMG_1502.jpg  IMG_1513.jpg

頂上はものすごく広いんです
どこまでも広がっています
IMG_1506.jpg  IMG_1505.jpg


登頂に2時間半、下山1時間半でした~









五葉山2

五葉山の登山途中は
前半がツツジが広く一面に
後半はしゃくなげが広々と一面に
頂上に近くなるとゴヨウマツが多くなるんです。

五葉山の登山口より下には
日帰り温泉施設の『しゃくなげの湯っこ五葉温泉』があります。

そうなんです。
『しゃくなげ』なんです。

ご神体が阿弥陀様なのに蓮じゃなくてしゃくなげだということに
ちょっと謎になってしまって頭の中がグルグルだったのね。

そうしたら空からお声が!!

『蓮は観音、私はしゃくなげ('ー') フフ』

『えー、誰?誰?如来?』
とっさに呼び捨てにしてしまいました(・・;)

『私はしゃくなげ('ー') フフ』
すまし顔でもう一度おっしゃいました。
まるでエコーがかかったように響いてましたっけよ。

しゃくなげ。。。。。。
なんですねー
こちらの阿弥陀様はしゃくなげなんですねー。

しゃくなげはシャクナゲ、石楠花と書きます(笑)

これじゃあ、五葉山のしゃくなげを見に来なきゃなんないなー。
来年春のツツジと初夏のしゃくなげが同時期に咲いてる頃にまた登りましょう!!
とお2人と約束ヽ(*^^*)ノ

しゃくなげの花
早く見たいです~o(*^▽^*)o~♪

五葉山1

福ちゃんの登山デビューは、3年前の五葉山でした(o^.^o)

五葉山は大船渡、釜石、住田町にまたがる霊山。
5柱の神々、天照大神、阿弥陀如来、薬師如来、虚空蔵菩薩、愛染明王が奉ってあるそうで。
お山自体が阿弥陀様のご神体とも言われています。

あの時、願掛けをして登ったんだよねー。
友人の病気が治りますように。。。と。

それと直傳靈氣が阿弥陀様と深く関わりがあることも学んだから。

あれから3年。
お礼参りも兼ねて、岩手にいるうちに登りたかった五葉山。
行ってきました、8/27の雨の中~(笑)

天気が回復することを願って願って住田町の登山口、赤坂峠に10時前到着。
駐車場は車1台だけでだーれーもいません。
この雨ですもん(^。^;)

雨はほとんど上がってましたが、3合目までは所々ポツポツと降ることもありました。
ホントに晴れるんだろうか、と疑いながらも
登れるだけ登ろうと。。。。。

今回は沿岸のお2人と現地集合。
こちらのお2人は登る気満々です(笑)
登らない、という選択肢はなかったように見えました(笑)

登山口には鳥居。
IMG_1480.jpg

五葉山の氣はまさに神域の氣(エネルギー)。
登れば登るほどにそれは強くなります。

IMG_1511.jpg  IMG_1514.jpg
お2人も楽しそうです(^^♪

神の使いである鹿さん、お猿さんには出会えませんでしたが
5合目を過ぎてからものすごい靈氣を感じて、その瞬間にお経みたいなものも聞こえてしまいました。
まさに霊山ですねー

IMG_1488.jpg

高山植物も山の中で見るとパワーを感じます
IMG_1487.jpg  IMG_1485.jpg  IMG_1491.jpg  IMG_1492.jpg

もうすでにこの頃は福ちゃんヘロヘロです。
足もガクガクです。
お2人とは10才くらい離れてるし(笑)
歳の差は忘れてたけど(笑)

IMG_1493.jpg  IMG_1494.jpg
しゃくなげの葉っぱが一面に。
春はツツジ、初夏にはしゃくなげの花がとっても素敵な五葉山なのだそうです。

ここで福ちゃんの疑問が頭の中でグルグル。。。
『なんでしゃくなげなんだろ。。。』
『なんでこんなにいっぱいしゃくなげだらけなんだろ?』
『阿弥陀様は蓮(ハス)じゃないの?』

そうしたら空からお声が降りて来ました(゚〇゚;)

つづくぅ~








秋田駒ヶ岳

今月上旬には縁起の良い西の秋田駒ヶ岳
登ってきました(o^-^o)

今回のメンバーは
IMG_1383.jpg
福ちゃんとグリーンさんは去年も登ってるけど
むらさきさんとHIROさんは初!!
ここから田沢湖がはっきり見えます♪

車はここ、アルパこまくさ温泉館に停めて
後ろに見える秋田交通のバスに乗って8合目まで移動します。
15分位で着くんだけども結構スリルがあっておもしろいバスです(笑)
ジェットコースター並みの気分になれます
o(^O^*=*^O^)o ワクワク

IMG_1384.jpg
さあ、出発です!

IMG_1386.jpg
登り始めて20分位の景色です

IMG_1385.jpg  IMG_1387.jpg  IMG_1389.jpg  IMG_1390.jpg
この時期も高山植物がいっぱいです
嬉しくなっちゃいます
だって、生命パワーいっぱいですもん

IMG_1407.jpg
1時間位歩いてると片倉岳に着いちゃいます
ここで引き返す観光客も多いです
わりと広いしベンチもあるので休憩も食事もできます

IMG_1391.jpg  IMG_1392.jpg
ここからさらに1時間歩きます
秋田駒ヶ岳はなだらかなイメージなので歩いていれば頂上に着きます

グリーンさんはいつも先頭です。
一番ヤングなので熊に遭遇しても大丈夫!
福ちゃんは一番年寄りだから最後尾でさっさと逃げます!

IMG_1395.jpg  IMG_1394.jpg  IMG_1397.jpg
進んで行くとお花畑が広がります~
きれいです~
かわいいです~
爽快です~
疲れも吹っ飛びます~
天然のミストシャワー浴びまくり~(霧)

IMG_1399.jpg
整備された木道を進むと
阿弥陀池が目の前に広がります
ここまで来ると大抵ガスがかかりまして
景色が見えたり見えなくなったりをあっという間に繰り返します
カメラを起動している間にすぐ次の雲がやってきて隠れちゃいます
さすがお山です

阿弥陀池の前には避難小屋がありまして
男岳、中岳、男女岳に分かれます
我々ご一行は男女岳を目指しましたo(*^^*)o

IMG_1400.jpg
阿弥陀池から30分位で登頂~
キツかった~(@Д@; 

IMG_1404.jpg  IMG_1403.jpg
ガスってますねー
景色はさっぱり(^^;)
頂上は結構寒かったですー
みんなー頑張った(笑)
よくやった(笑)

IMG_1406.jpg
寒いのでさっさと下ります
避難小屋の前でおにぎりやらパンやらおやつやら
腹ごしらえを済ませたら体が重くなりました

バス時間がなくなりそうだったので慌てて下山しました
みんな黙々と早歩きでした(笑)


男女岳の山神さまからのメッセージは女神のお声で

『整いました、明るい成長を手の中に。行動せよ!』

喝を入れられちゃった(笑)












プロフィール

福ちゃん

Author:福ちゃん
誕生日・・・5月生まれ(おうし座)
血液型・・・典型的なA型
家族・・・・医薬研究職息子、看護師娘、犬1匹
仕事・・・チャネリングメッセンジャー、パワーストーンアドバイザー、前世療法セラピスト、TCマスタートレーナー、直傳靈氣師範他
趣味・・・ドライブ、旅行、神社仏閣巡り

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード